チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»C++»Spire.Presentation for C++»変換»C++:PowerPoint プレゼンテーションを PDF に変換する方法
2023-09-20

C++:PowerPoint プレゼンテーションを PDF に変換する方法

異なるコンピュータやデバイスで PowerPoint のプレゼンテーションを共有または提示する際に、一部のコンテンツが正しく表示されない場合があります。このような場合には、PowerPoint 文書を PDF に変換して文書の完全性を確保し、このような互換性の問題を回避することができます。この記事では、Spire.Presentation for C++ を使用して C++ で PowerPoint を PDF に変換する方法について説明します。

Spire.Presentation for C++ をインストールします

Spire.Presentation for C++ をアプリケーションに組み込むには、2つの方法があります。一つは NuGet 経由でインストールする方法、もう一つは当社のウェブサイトからパッケージをダウンロードし、ライブラリをプログラムにコピーする方法です。NuGet 経由のインストールの方が便利で、より推奨されます。詳しくは、以下のリンクからご覧いただけます。

Spire.Presentation for C++ を C++ アプリケーションに統合する方法

C++ で PowerPoint をPDF に変換する

Presentation->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::PDF) メソッドを使用すると、PowerPoint の各スライドを PDF ページに変換できます。以下は、PowerPoint プレゼンテーション全体を PDF に変換する手順です。

  • Presentation オブジェクトを作成します。
  • Presentation->LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint プレゼンテーションを読み込みます。
  • Presentation->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::PDF) メソッドを使用して PDF に保存します。
  • C++
#include "Spire.Presentation.o.h"

using namespace std;
using namespace Spire::Presentation;

int main()
{
	//入出力ファイルパスを指定する
	std::wstring inputFile = L"sample.pptx";
	std::wstring outputFile = L"PowerPointToPDF.pdf";

	//Presentationオブジェクトを作成する
	Presentation* ppt = new Presentation();

	//ディスクからPowerPointプレゼンテーションをロードする
	ppt->LoadFromFile(inputFile.c_str());

	//文書をPDFとして保存する
	ppt->SaveToFile(outputFile.c_str(), FileFormat::PDF);
	    ppt->Dispose();
}

C++:PowerPoint プレゼンテーションをPDF に変換する方法

C++ で特定の PowerPoint スライドを PDF に変換する

特定のスライドを PDF に変換するだけの場合は、Spire.Presentation for C++ によって提供される ISlide->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::PDF) メソッドを使用できます。以下は詳細な手順です。

  • Presentation オブジェクトを作成します。
  • Presentation->LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint プレゼンテーションを読み込みます。
  • Presentation->GetSlides()->GetItem(slideIndex) メソッドを使用して、インデックスによって指定されたスライドを取得します。
  • ISlide->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::PDF) メソッドを使用して、スライドを PDF に保存します。
  • C++
#include "Spire.Presentation.o.h"

using namespace std;
using namespace Spire::Presentation;

int main()
{
	//入出力ファイルパスを指定する
	std::wstring inputFile = L"sample.pptx";
	std::wstring outputFile = L"SlideToPDF.pdf";

	//Presentationオブジェクトを作成する
	Presentation* ppt = new Presentation();

	//ディスクからPowerPointプレゼンテーションをロードする
	ppt->LoadFromFile(inputFile.c_str());

	//2枚目のスライドを取得する
	intrusive_ptr<ISlide> slide = ppt->GetSlides()->GetItem(1);

	//そのスライドをPDFとして保存する
	slide->SaveToFile(outputFile.c_str(), FileFormat::PDF);
	ppt->Dispose();
}

C++:PowerPoint プレゼンテーションをPDF に変換する方法

C++ で PowerPoint を特定のページサイズの PDF に変換する

Spire.Presentation for C++ では、PowerPoint を PDF に変換する前に、スライドのサイズと向きを設定することもできます。以下は、PowerPoint を特定のページサイズ(A4 サイズ は 10.83x7.05 インチです)の PDF に変換する手順です。

  • Presentation オブジェクトを作成します。
  • Presentation->LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint プレゼンテーションを読み込みます。
  • Presentation->GetSlideSize()->SetType() メソッドを使用して、PowerPoint スライドの サイズを設定します。
  • Presentation->GetSlideSize()->SetOrientation() メソッドを使用して、PowerPoint スライドの向きを設定します。
  • Presentation->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::PDF) メソッドを使用して、文書を PDF に保存します。
  • C++
#include "Spire.Presentation.o.h"

using namespace std;
using namespace Spire::Presentation;

int main()
{
	//入出力ファイルパスを指定する
	std::wstring inputFile = L"sample.pptx";
	std::wstring outputFile = L"ToPdfWithSpecificPageSize.pdf";

	//Presentationオブジェクトを作成する
	Presentation* ppt = new Presentation();

	//ディスクからPowerPointプレゼンテーションをロードする
	ppt->LoadFromFile(inputFile.c_str());

	//スライドのサイズをA 4に設定
	ppt->GetSlideSize()->SetType(SlideSizeType::A4);

	//スライドの向きを横に設定する
	ppt->GetSlideSize()->SetOrientation(SlideOrienation::Landscape);

	//文書をPDFとして保存する
	ppt->SaveToFile(outputFile.c_str(), FileFormat::PDF);
	    ppt->Dispose();
}

C++:PowerPoint プレゼンテーションをPDF に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 498 times