チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»C++»Spire.PDF for C++»変換»C++:PDF を Excel に変換する方法
2023-05-11

C++:PDF を Excel に変換する方法

PDF は、標準的な形式で文書を転送するのに非常に適しています。どのデバイスやソフトウェアを使用して表示しても、文書形式は変わりません。しかし PDF ファイルは編集が難しい。PDF のスプレッドシートを処理する必要がある場合は、通常は Excel 形式に変換して Excel で編集するのが最も簡単です。この記事では、Spire.PDF for C++ を使用して C++ で PDF を Excel に変換する方法について説明します。

Spire.PDF for C++ をインストールします

Spire.PDF for C++ をアプリケーションに組み込むには、2つの方法があります。一つは NuGet 経由でインストールする方法、もう一つは当社のウェブサイトからパッケージをダウンロードし、ライブラリをプログラムにコピーする方法です。NuGet 経由のインストールの方が便利で、より推奨されます。詳しくは、以下のリンクからご覧いただけます。

Spire.PDF for C++ を C++ アプリケーションに統合する方法

PDF を Excel に変換する

Spire.PDF for C++ は、PDF を XLSX などの文書形式に変換するための PdfDocument->SaveToFile() メソッドを提供します。変換する前に、PdfDocument->GetConvertOptions->SetPdfToXlsxOptions() メソッドを使用して変換オプションを設定できます。このメソッドは XlsxLineLayoutOptions オブジェクトをパラメーターとして使用します。XlsxLineLayoutOptions クラスのコンストラクタには、次の 5 つのパラメーターがあり、PDF を Excel に変換する方法を制御することができます。

  • bool convertToMultipleSheet:PDF の各ページを Excel のワークシートに変換するかどうかを決定します。
  • bool rotatedText:回転したテキストを表示するかどうかを決定します。
  • bool splitCell:PDF の複数行のテキストを含む表セルが Excel に変換されたときに複数行に分割されるかどうかを決定します。
  • bool wrapText:Excel のセル内でテキストを改行するかどうかを決定します。
  • bool overlapText:重なり合ったテキストを表示するかどうかを決定します。
  • C++
#include "Spire.Pdf.o.h";

using namespace Spire::Pdf;

int main() {

    //PdfDcoumentオブジェクトを作成する
    PdfDocument* doc = new PdfDocument();

    //PDFドキュメントをロードする
    doc->LoadFromFile(L"input.pdf");

    //XlsxLineLayoutOptionsオブジェクトを作成する
    XlsxLineLayoutOptions* options = new XlsxLineLayoutOptions(true, true, false, true, false);

    //PDFからXLSXへの変換オプションを設定する
    doc->GetConvertOptions()->SetPdfToXlsxOptions(options);

    //PDFドキュメントをExcelに保存する
    doc->SaveToFile(L"output/PdfToExcel.xlsx", FileFormat::XLSX);
	doc->Close();
	delete doc;
}

C++:PDF を Excel に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 674 times