チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル».NET»Spire.Doc for .NET»文書操作»C#/VB.NET:Word 文書に文書のプロパティを追加する方法
2022-11-29

C#/VB.NET:Word 文書に文書のプロパティを追加する方法

文書プロパティ(メタデータとも呼ばれる)とは、文書に関する一連の情報のことです。すべての Word 文書には、タイトル、著者名、テーマ、キーワードなど、一連の組み込み文書プロパティが付属しています。内蔵の文書プロパティに加えて、Microsoft Word では、ユーザーが Word 文書にカスタム文書プロパティを追加することもできます。この記事では、Spire.Doc for .NET を使用して、C# と VB.NET で Word 文書に文書プロパティを追加する方法を説明します。

Spire.Doc for .NET をインストールします

まず、Spire.Doc for .NET パッケージに含まれている DLL ファイルを .NET プロジェクトの参照として追加する必要があります。DLL ファイルは、このリンクからダウンロードするか、NuGet を介してインストールできます。

PM> Install-Package Spire.Doc

Word 文書に組み込みの文書プロパティを追加する

標準文書プロパティは、名前と値で構成されています。標準文書プロパティは、Microsoft Word によって事前に定義されているため、名前を設定または変更することはできませんが、値を設定または変更することは可能です。

次の手順では、Word 文書内の内蔵文書プロパティに値を設定する方法を説明します。

  • Document クラスのインスタンスを作成します。
  • Document.LoadFromFile() メソッドで Word 文書を読み込みます。
  • Document.BuiltinDocumentProperties プロパティで、文書の組み込み文書プロパティを取得します。
  • BuiltinDocumentProperties クラスの Title、Subject、Author プロパティを通じて、タイトル、テーマ、著者などの特定の文書プロパティに値を設定します。
  • Document.SaveToFile() メソッドを用いて、結果文書を保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Doc;

namespace AddBuiltinDocumentProperties
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Documentクラスのインスタンスを作成する
            Document document = new Document();

            //Word文書の読み込み
            document.LoadFromFile("洞窟芸術.docx");

            //組み込みの文書プロパティを文書に追加する
            BuiltinDocumentProperties standardProperties = document.BuiltinDocumentProperties;
            standardProperties.Title = "洞窟芸術";
            standardProperties.Subject = "石器時代の芸術";
            standardProperties.Author = "Izzy Wisher";
            standardProperties.Company = "Aeon.co";
            standardProperties.Manager = "Nigel Warburton";
            standardProperties.Category = "芸術";
            standardProperties.Keywords = "洞窟芸術、石器時代";
            standardProperties.Comments = "石器時代の洞窟芸術を紹介した資料です。";

            //結果文書を保存する
            document.SaveToFile("標準文書プロパティ.docx", FileFormat.Docx2013);
        }
    }
}
Imports Spire.Doc

Namespace AddBuiltinDocumentProperties
    Class Program
        Shared Sub Main(ByVal args() As String)
            'Documentクラスのインスタンスを作成する
            Dim document As Document = New Document()

            'Word文書の読み込み
            document.LoadFromFile("洞窟芸術.docx")

            '組み込みの文書プロパティを文書に追加する
            Dim standardProperties As BuiltinDocumentProperties = document.BuiltinDocumentProperties
            standardProperties.Title = "洞窟芸術"
            standardProperties.Subject = "石器時代の芸術"
            standardProperties.Author = "Izzy Wisher"
            standardProperties.Company = "Aeon.co"
            standardProperties.Manager = "Nigel Warburton"
            standardProperties.Category = "芸術"
            standardProperties.Keywords = "洞窟芸術、石器時代"
            standardProperties.Comments = "石器時代の洞窟芸術を紹介した資料です。"

            '結果文書を保存する
            document.SaveToFile("標準文書プロパティ.docx", FileFormat.Docx2013)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Word 文書に文書のプロパティを追加する方法

Word 文書にカスタム文書プロパティを追加する

カスタム文書プロパティは、文書の作成者やユーザが定義することができます。各カスタム文書プロパティは、名前、値、データ型を含む必要があります。データ型は、この4つの種類(Text、Date、Number、Yes or No)のうちの1つです。

以下の手順は、Word 文書にさまざまなデータ型を持つカスタム文書プロパティを追加する方法を示しています。

  • Document クラスのインスタンスを作成します。
  • Document.LoadFromFile() メソッドで Word 文書を読み込みます。
  • Document.CustomDocumentProperties プロパティでドキュメントのカスタム文書プロパティを取得します。
  • CustomDocumentProperties.Add(string, object) メソッドを使用して、異なるデータ型を持つカスタム文書プロパティを文書に追加します。
  • Document.SaveToFile() メソッドを使用して、結果文書を保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Doc;
using System;

namespace AddCustomDocumentProperties
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Documentクラスのインスタンスを作成する
            Document document = new Document();

            //Word文書の読み込み
            document.LoadFromFile("洞窟芸術.docx");

            //カスタム文書プロパティを文書に追加する
            CustomDocumentProperties customProperties = document.CustomDocumentProperties;
            customProperties.Add("文書ID", 1);
            customProperties.Add("許可取得の有無", true);
            customProperties.Add("許可者", "John Smith");
            customProperties.Add("許可日", DateTime.Today);

            //結果文書を保存する
            document.SaveToFile("カスタム文書プロパティ.docx", FileFormat.Docx2013);
        }
    }
}
Imports Spire.Doc
Imports System
Imports System.Reflection.Metadata

Namespace AddCustomDocumentProperties
    Class Program
        Shared Sub Main(ByVal args() As String)
            'Documentクラスのインスタンスを作成する
            Dim document As Document = New Document()

            'Word文書の読み込み
            document.LoadFromFile("洞窟芸術.docx")

            'カスタム文書プロパティを文書に追加する
            Dim customProperties As CustomDocumentProperties = document.CustomDocumentProperties
            customProperties.Add("文書ID", 1)
            customProperties.Add("許可取得の有無", True)
            customProperties.Add("許可者", "John Smith")
            customProperties.Add("許可日", DateTime.Today)

            '結果文書を保存する
            document.SaveToFile("カスタム文書プロパティ.docx", FileFormat.Docx2013)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Word 文書に文書のプロパティを追加する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 831 times