チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル».NET»Spire.Presentation for .NET»保護»C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法
2024-02-23

C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法

デフォルトでは、PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできる人は誰でも開いて編集できます。 PowerPoint プレゼンテーションが不正に表示されたり変更されたりするのを防ぎたい場合は、パスワードで保護できます。 パスワード保護を追加するだけでなく、編集を妨げるために文書を最終としてマークするなど、文書を保護する他の方法を選択することもできます。 ドキュメントを公開したい場合は、いつでも保護を解除できます。この記事では、Spire.Presentation for .NET を使用して C# で PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法を示します。

Spire.Presentation for .NET をインストールします

まず、Spire.Presentation for .NET パッケージに含まれている DLL ファイルを .NET プロジェクトの参照として追加する必要があります。DLL ファイルは、このリンクからダウンロードするか、NuGet を介してインストールできます。

PM> Install-Package Spire.Presentation

PowerPoint プレゼンテーションをパスワードで保護する

PowerPoint をパスワードで保護すると、正しいパスワードを持つユーザーだけがドキュメントを表示および編集できるようになります。 以下に詳細な手順を示します。

  • Presentation クラスのインスタンスを初期化します。
  • Presentation.LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint ドキュメントをロードします。
  • Presentation.Encrypt() メソッドを使用して、ドキュメントをパスワードで暗号化します。
  • Presentation.SaveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • C#
using Spire.Presentation;

namespace ProtectPPTWithPassword
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Presentationインスタンスを作成する
            Presentation presentation = new Presentation();

            //PowerPoint ドキュメントをロードする
            presentation.LoadFromFile(@"Sample.pptx");

            //ドキュメントをパスワードで暗号化する
            presentation.Encrypt("your password");

            //結果ドキュメントを保存する
            presentation.SaveToFile("Encrypted.pptx", FileFormat.Pptx2013);
        }
    }
}

C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法

PowerPoint プレゼンテーションを最終版としてマークする

PowerPoint ドキュメントを最終版としてマークすると、ドキュメントが最終バージョンであり、それ以上編集する必要がないことを読者に知らせることができます。以下に詳細な手順を示します。

  • Presentation クラスのインスタンスを初期化します。
  • Presentation.LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint ドキュメントをロードします。
  • Presentation.DocumentProperty[] プロパティを使用して、ドキュメントを最終版としてマークします。
  • Presentation.SaveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • C#
using Spire.Presentation;

namespace MarkPPTAsFinal
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Presentationインスタンスを作成する
            Presentation ppt = new Presentation();

            //PowerPoint ドキュメントをロードする
            ppt.LoadFromFile(@"Sample.pptx");

            //ドキュメントを最終版としてマークする
            ppt.DocumentProperty["_MarkAsFinal"] = true;

            //結果ドキュメントを保存する
            ppt.SaveToFile("MarkAsFinal.pptx", FileFormat.Pptx2013);
        }
    }
}

C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法

PowerPoint プレゼンテーションからパスワード保護を削除する

文書の保護が不要になった場合は、パスワードを削除して保護を解除することもできます。以下に詳細な手順を示します。

  • Presentation クラスのインスタンスを初期化します。
  • Presentation.LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint ドキュメントをロードします。
  • Presentation.RemoveEncryption() メソッドを使用して、ドキュメントからパスワード保護を削除します。
  • Presentation.SaveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • C#
using Spire.Presentation;

namespace RemovePasswordProtectionFromPPT
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Presentationインスタンスを作成する
            Presentation presentation = new Presentation();

            //パスワードで保護された PowerPoint ドキュメントをロードする
            presentation.LoadFromFile(@"Encrypted.pptx", "your password");

            //ドキュメントからパスワード保護を削除する
            presentation.RemoveEncryption();

            //結果ドキュメントを保存する
            presentation.SaveToFile("RemoveProtection.pptx", FileFormat.Pptx2013);
        }
    }
}

C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法

PowerPoint プレゼンテーションから最終オプションとしてマークを削除する

「最終版にする」機能は、PowerPoint ドキュメントを読み取り専用にして、それ以上の変更を防止します。 ドキュメントを再度変更したい場合は、ドキュメントから「最終版にする」機能を削除できます。以下に詳細な手順を示します。

  • Presentation クラスのインスタンスを初期化します。
  • Presentation.LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint ドキュメントをロードします。
  • Presentation.DocumentProperty[] プロパティを使用して、ドキュメントから「最終版にする」機能を削除します。
  • Presentation.SaveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • C#
using Spire.Presentation;

namespace RemoveMarkAsFinalFromPPT
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Presentationインスタンスを作成する
            Presentation ppt = new Presentation();

            //PowerPoint ドキュメントをロードする
            ppt.LoadFromFile(@"MarkAsFinal.pptx");

            //ドキュメントから「最終版にする」機能を削除する
            ppt.DocumentProperty["_MarkAsFinal"] = false;

            //結果ドキュメントを保存する
            ppt.SaveToFile("RemoveMarkAsFinal.pptx", FileFormat.Pptx2013);
        }
    }
}

C#:PowerPoint プレゼンテーションを保護または保護解除する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 138 times