チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»C++»Spire.Presentation for C++»変換»C++:PowerPoint を XPS に変換する方法
2023-09-14

C++:PowerPoint を XPS に変換する方法

PowerPoint は一般的に使用される文書形式であり、プレゼンテーション資料やビジネスレポートの作成に主に使用されます。しかし、セキュリティが低いという欠点や、異なるデバイスやソフトウェアでの互換性の問題が存在することもあります。一方、XPS(XML Paper Specification)はより安全かつ互換性のあるファイル形式であり、高品質な印刷や高速なデータ転送に適しています。そのため、PowerPoint ファイルを XPS 形式に変換することは実用的な文書変換です。この記事では、Spire.Presentation for C++ を使用して C++ で PowerPoint を XPS に変換する方法について説明します。

Spire.Presentation for C++ をインストールします

Spire.Presentation for C++ をアプリケーションに組み込むには、2つの方法があります。一つは NuGet 経由でインストールする方法、もう一つは当社のウェブサイトからパッケージをダウンロードし、ライブラリをプログラムにコピーする方法です。NuGet 経由のインストールの方が便利で、より推奨されます。詳しくは、以下のリンクからご覧いただけます。

Spire.Presentation for C++ を C++ アプリケーションに統合する方法

PowerPoint を C++ で XPS に変換する

Spire.Presentation for C++ を使用して、PowerPoint プレゼンテーションを XPS ファイルに変換するのは非常に簡単です。PowerPoint ドキュメントを読み込み、Workbook->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::XPS) メソッドを使用して XPS 形式で保存するだけです。以下が詳細な手順です。

  • Presentation  インスタンスを作成します。
  • Presentation->LoadFromFile() メソッドを使用して PowerPoint ドキュメントを読み込みます。
  • Presentation->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::XPS) メソッドを使用して、ドキュメントを XPS ファイルに保存します。
  • C++
#include "Spire.Presentation.o.h"

using namespace std;
using namespace Spire::Presentation;

int main()
{
	//入出力ファイルパスを指定する
	std::wstring inputFile = L"sample.pptx";
	std::wstring outputFile = L"ToXPS.xps";

	//Presentation インスタンスを作成する
	intrusive_ptr<Presentation> presentation = new Presentation();

	//PowerPointプレゼンテーションをロードする
	presentation->LoadFromFile(inputFile.c_str());

	//プレゼンテーションをXPSファイルとして保存する
	presentation->SaveToFile(outputFile.c_str(), FileFormat::XPS);
	presentation->Dispose();
}

C++:PowerPoint を XPS に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 365 times