チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»Java»Spire.XLS for Java»ワークシート»Java:Excel でワークシートの数を取得する方法
2023-02-15

Java:Excel でワークシートの数を取得する方法

Microsoft Excel では、1つのワークブックに多数のシートが含まれることがあります。 シート関数、名前の定義コマンド、簡単なVBAコードで簡単にシートの枚数を取得することができます。この記事では、Spire.XLS for Java を使用して Excel でワークシートの数を取得する方法を紹介します。

Spire.XLS for Java をインストールします

まず、Spire.XLS for Java を Java プロジェクトに追加する必要があります。JAR ファイルは、このリンクからダウンロードできます。Maven を使用する場合は、次のコードをプロジェクトの pom.xml ファイルに追加する必要があります。

<repositories>
    <repository>
        <id>com.e-iceblue</id>
        <name>e-iceblue</name>
        <url>https://repo.e-iceblue.com/nexus/content/groups/public/</url>
    </repository>
</repositories>
<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>e-iceblue</groupId>
        <artifactId>spire.xls</artifactId>
        <version>13.1.3</version>
    </dependency>
</dependencies>

Excel でワークシートの数を取得する

Spire.XLS for Java では、IWorksheets インターフェイスによって提供される getCount()メソッドを使用して、ワークシートの数を取得できます。以下は詳細な手順です。

  • Workbook インスタンスを作成します。
  • Workbook.loadFromFile() メソッドを使用して Excel ドキュメントをロードします。
  • Workbook.getWorksheets() メソッドを使用してワークシートのコレクションを取得します。
  • getCount() メソッドを使用してコレクション内のワークシートの数を取得します。
  • Java
import com.spire.xls.Workbook;

public class CountNumberOfWorsheets {
    public static void main(String[] args) {
        //Workbookインスタンスを作成する
        Workbook workbook = new Workbook();

        //Excel ドキュメントをロードする
        workbook.loadFromFile("Sample.xlsx");

        //ワークシートの数を取得する
        int sheetCount=workbook.getWorksheets().getCount();

        //結果を出力する
        System.out.println("The number of sheets is "+sheetCount);
    }
}

Java:Excel でワークシートの数を取得する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 439 times