チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»Java»Spire.XLS for Java»セル»Java:Excel でセルの結合または結合の解除方法
2023-02-23

Java:Excel でセルの結合または結合の解除方法

Excel でセルの結合とは、2つ以上の隣接するセルを複数行または複数列にまたがる大きなセルに結合することです。この機能は、セル範囲の中央に揃えるタイトルやラベルを作成するためによく使用されます。この記事では、Spire.XLS for Java を使用して Excel でセルを結合または結合解除する方法を紹介します。

Spire.XLS for Java をインストールします

まず、Spire.XLS for Java を Java プロジェクトに追加する必要があります。JAR ファイルは、このリンクからダウンロードできます。Maven を使用する場合は、次のコードをプロジェクトの pom.xml ファイルに追加する必要があります。

<repositories>
    <repository>
        <id>com.e-iceblue</id>
        <name>e-iceblue</name>
        <url>https://repo.e-iceblue.com/nexus/content/groups/public/</url>
    </repository>
</repositories>
<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>e-iceblue</groupId>
        <artifactId>spire.xls</artifactId>
        <version>13.2.4</version>
    </dependency>
</dependencies>

Excel でセルを結合する

Spire.XLS for Java が提供する XlsRange.merge() メソッドは、指定したセル範囲を結合することをサポートします。詳細な手順は次のとおりです。

  • Workbook インスタンスを作成します。
  • Workbook.loadFromFile() メソッドを使用して Excel ドキュメントをロードします。
  • Workbook.getWorksheets().get() メソッドを使用して、指定されたシートを取得します。
  • Worksheet.getRange().get() メソッドを使用して、指定された範囲を取得します。
  • XlsRange.merge() メソッドを使用して、指定された範囲のセルを結合します。
  • XlsRange.getCellStyle().setHorizontalAlignment() メソッドを使用して、結合されたセルの水平方向の配置を「中央揃え」に設定します。
  • XlsRange.getCellStyle().setVerticalAlignment() メソッドを使用して、結合されたセルの垂直方向の配置を「中央揃え」に設定します。
  • Workbook.saveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • Java
import com.spire.xls.*;

public class MergeCells {
    public static void main(String[] args){

        //Workbookインスタンスを作成する
        Workbook workbook = new Workbook();

        //Excel ドキュメントをロードする
        workbook.loadFromFile("input.xlsx");

        //最初のシートを取得する
        Worksheet sheet = workbook.getWorksheets().get(0);

        //指定された範囲のセルを結合する
        sheet.getRange().get("A2:A6").merge();
        sheet.getRange().get("A7:A11").merge();

        //水平方向の配置を「中央揃え」に設定する
        sheet.getRange().get("A2").getCellStyle().setHorizontalAlignment(HorizontalAlignType.Center);
        sheet.getRange().get("A7").getCellStyle().setHorizontalAlignment(HorizontalAlignType.Center);

        //垂直方向の配置を「中央揃え」に設定する
        sheet.getRange().get("A2").getCellStyle().setVerticalAlignment(VerticalAlignType.Center);
        sheet.getRange().get("A7").getCellStyle().setVerticalAlignment(VerticalAlignType.Center);


        //結果ドキュメントを保存する
        workbook.saveToFile("MergeCells.xlsx", FileFormat.Version2013);
    }
}

Java:Excel でセルの結合または結合の解除方法

Excel でセルの結合を解除する

Spire.XLS for Java が提供する XlsRange.unMerge() メソッドは、指定したセルの結合を解除することをサポートします。詳細な手順は次のとおりです。

  • Workbook インスタンスを作成します。
  • Workbook.loadFromFile() メソッドを使用してサンプルの Excel ドキュメントをロードします。
  • Workbook.getWorksheets().get() メソッドを使用して、指定されたワークシートを取得します。
  • Worksheet.getRange().get() メソッドを使用して、指定された範囲を取得します。
  • XlsRange.unMerge() メソッドを使用して、指定したセルの結合を解除します。
  • Workbook.saveToFile() メソッドを使用して結果ドキュメントを保存します。
  • Java
import com.spire.xls.FileFormat;
import com.spire.xls.Workbook;
import com.spire.xls.Worksheet;

public class UnmergeCells {
    public static void main(String[] args){

        //Workbookインスタンスを作成する
        Workbook workbook = new Workbook();

        //Excelドキュメントをロードする
        workbook.loadFromFile("MergeCells.xlsx");

        //最初のシートを取得する
        Worksheet sheet = workbook.getWorksheets().get(0);

        //指定したセルの結合を解除する
        sheet.getRange().get("A2:A6").unMerge();

        //結果ドキュメントを保存する
        workbook.saveToFile("UnMergeCells.xlsx", FileFormat.Version2013);
    }
}

Java:Excel でセルの結合または結合の解除方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 696 times