チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»C++»Spire.XLS for C++»変換»C++:Excel を XPS に変換する方法
2023-06-29

C++:Excel を XPS に変換する方法

XPS は、XML Paper Specification の略称であり、Microsoft が開発した固定レイアウトファイル形式です。一部の動的なコンテンツやレイアウト変更を許容する形式とは異なり、XPS は文書のレイアウトを保持し、視覚的外観を維持しています。XPS ファイルは、Microsoft XPS Viewerで簡単に閲覧することができます。

Excel ファイルを XPS 形式に変換することにはいくつかの利点があります。例えば、Microsoft Excel や他の電子スプレッドシートにアクセスできないユーザーと Excel データを共有するために、XPS 形式を使用することができます。さらに、変換により、元の Excel ファイルのフォーマットを維持し、読みやすくすることができます。また、XPS ファイルはアクセシビリティに配慮されており、スクリーンリーダーや支援技術によって読み込むことができます。この記事では、Spire.XLS for C++ を使用して C++ で Excel を XPS に変換する方法について説明します。

Spire.XLS for C++ をインストールします

Spire.XLS for C++ をアプリケーションに組み込むには、2つの方法があります。一つは NuGet 経由でインストールする方法、もう一つは当社のウェブサイトからパッケージをダウンロードし、ライブラリをプログラムにコピーする方法です。NuGet 経由のインストールの方が便利で、より推奨されます。詳しくは、以下のリンクからご覧いただけます。

Spire.XLS for C++ を C++ アプリケーションに統合する方法

C++ で Excel をXPS に変換する

Excel ファイルを XPS 形式に変換することは、Spire.XLS for C++ を使用することで簡単に行えます。まず、Workbook->LoadFromFile(LPCWSTR_S fileName) メソッドを使って Excel ファイルを読み込みます。次に、Workbook->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::XPS) メソッドを呼び出して、XPS形式で保存します。詳細な手順は次のとおりです。

  • 入力ファイルと出力ファイルのパスを指定します。
  • Workbook クラスのインスタンスを初期化します。
  • Workbook->LoadFromFile() メソッドを使用して Excel ファイルを読み込みます。
  • Workbook->SaveToFile(LPCWSTR_S fileName, FileFormat::XPS) メソッドを使用して、指定したファイルパスで Excel を XPS ファイルに保存します。
  • C++
#include "Spire.Xls.o.h";

using namespace Spire::Xls;
using namespace std;

int main()
{
	//入力ファイルと出力ファイルのパスを指定する
	wstring inputFile = L"sample.xlsx";
	wstring outputFile =  L"ExcelToXPS.xps";

	//Workbookクラスのインスタンスを初期化する
	Workbook* workbook = new Workbook();

	//Excelファイルを読み込む
	workbook->LoadFromFile(inputFile.c_str());

	//ExcelをXPSファイルに保存する
	workbook->SaveToFile(outputFile.c_str(), Spire::Xls::FileFormat::XPS);
	workbook->Dispose();
	delete workbook;
}

C++:Excel を XPS に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 336 times