チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル».NET»Spire.XLS for .NET»変換»C#/VB.NET:Excel を CSV におよび CSV を Excel に変換する方法
2022-06-09

C#/VB.NET:Excel を CSV におよび CSV を Excel に変換する方法

CSV(コンマ区切り値)ファイルは、コンマで区切られたデータを含むプレーンテキストファイルです。あるアプリケーションから別のアプリケーションにデータをインポートまたはエクスポートするために広く使用されています。場合によっては、CSV と Excel の間での変換を行う必要があります。この記事では、Spire.XLS for .NET ライブラリーを使用して C# および VB.NET でこの機能を実現する方法を紹介します。

Spire.XLS for .NET をインストールします

まず、Spire.XLS for .NET パッケージに含まれている DLL ファイルを .NET プロジェクトの参照として追加する必要があります。DLL ファイルは、このリンクからダウンロードするか、NuGet を介してインストールできます。

PM> Install-Package Spire.XLS

C# および VB.NET で Excel を CSV に変換する

Excel を CSV に変換する手順は次のとおりです。

  • Workbook クラスのインスタンスを作成します。
  • Workbook.LoadFromFile() メソッドを使用して Excel ファイルをロードします。
  • Workbook.Worksheets [index] プロパティを使用して、インデックスで目的のワークシートを取得します。
  • XlsWorksheet.SaveToFile() メソッドを使用してワークシートをCSVとして保存します。 次のオーバーロードされた SaveToFile() メソッドのいずれかを選択できます。
    • SaveToFile(string fileName, string separator)
    • SaveToFile(string fileName, string separator, Encoding encoding)
    • SaveToFile(string fileName, string separator, bool retainHiddenData)
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Xls;
using System.Text;

namespace ConvertAWorksheetToCsv
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Workbookクラスのインスタンスを作成する
            Workbook workbook = new Workbook();
            //Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("C:\\Users\\Administrator\\Desktop\\Sample.xlsx");
            //最初のワークシートを取得する
            Worksheet sheet = workbook.Worksheets[0];
            //ワークシートをCSVとして保存する
            sheet.SaveToFile("ExcelToCSV.csv", ",", Encoding.UTF8);
        }
    }
}
Imports Spire.Xls
Imports System.Text
 
Namespace ConvertAWorksheetToCsv
    Class Program
        Shared  Sub Main(ByVal args() As String)
            'Workbookクラスのインスタンスを作成する
            Dim workbook As Workbook =  New Workbook() 
            'Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("C:\\Users\\Administrator\\Desktop\\Sample.xlsx")
            '最初のワークシートを取得する
            Dim sheet As Worksheet =  workbook.Worksheets(0) 
            'ワークシートをCSVとして保存する
            sheet.SaveToFile("ExcelToCSV.csv", ",", Encoding.UTF8)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C# および VB.NET で CSV を Excel に変換する

CSV を Excel に変換する手順は次のとおりです。

  • Workbook クラスのインスタンスを作成します。
  • Workbook.LoadFromFile(string fileName, string separator, int startRow, int startColumn) メソッドを使用して CSV ファイルをロードします。
  • Workbook.Worksheets [index] プロパティを使用して、インデックスで目的のワークシートを取得します。
  • Worksheet.AllocatedRange プロパティを使用して、ワークシートの使用範囲にアクセスします。次に、CellRange.IgnoreErrorOptions プロパティを IgnoreErrorType.NumberAsText として設定し、範囲内の数値をテキストとして保存しながら、発生する可能性のあるエラーを無視します。
  • CellRange.AutoFitColumns() および CellRange.AutoFitRows() メソッドを使用して列と行を自動調整します。
  • Workbook.SaveToFile(string fileNameExcelVersion version)メソッドを使用して CSV を Excel に保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Xls;

namespace ConvertCsvToExcel
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Workbookクラスのインスタンスを作成する
            Workbook workbook = new Workbook();

            //CSVファイルを読み込む
            workbook.LoadFromFile(@"C:\Users\Administrator\Desktop\ExcelToCSV.csv", ",", 1, 1);

            //最初のワークシートを取得する
            Worksheet sheet = workbook.Worksheets[0];

            //ワークシートの使用範囲にアクセスする
            CellRange usedRange = sheet.AllocatedRange;
            //範囲内の数値をテキストとして保存するときのエラーを無視する
            usedRange.IgnoreErrorOptions = IgnoreErrorType.NumberAsText;
            //列と行を自動調整する
            usedRange.AutoFitColumns();
            usedRange.AutoFitRows();

            //結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("CSVToExcel.xlsx", ExcelVersion.Version2013);
        }
    }
}
Imports Spire.Xls
 
Namespace ConvertCsvToExcel
    Class Program
        Shared  Sub Main(ByVal args() As String)
            'Workbookクラスのインスタンスを作成する
            Dim workbook As Workbook =  New Workbook() 
 
            'CSVファイルを読み込む
            workbook.LoadFromFile("C:\Users\Administrator\Desktop\ExcelToCSV.csv", ",", 1, 1)
 
            '最初のワークシートを取得する
            Dim sheet As Worksheet =  workbook.Worksheets(0) 
 
            'ワークシートの使用範囲にアクセスする
            Dim usedRange As CellRange =  sheet.AllocatedRange 
            '範囲内の数値をテキストとして保存するときのエラーを無視する
            usedRange.IgnoreErrorOptions = IgnoreErrorType.NumberAsText
            '列と行を自動調整する
            usedRange.AutoFitColumns()
            usedRange.AutoFitRows()
 
            '結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("CSVToExcel.xlsx", ExcelVersion.Version2013)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Excel を CSV におよび CSV を Excel に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 6028 times