チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル»Java»Spire.Presentation for Java»変換»Java:ODP を PDF に変換する方法
2024-05-11

Java:ODP を PDF に変換する方法

OpenDocument プレゼンテーション ドキュメント形式は、一般的に ODP と呼ばれ、Open Document Format ファイルのファイル拡張子の 1 つです。スライドショー プレゼンテーションのオープンソース表示形式として機能するように設計されています。ドキュメントの書式が維持されるようにするには、ODP ファイルを PDF に変換する必要がある場合があります。この記事では、Spire.Presentation for Java を使用してこの機能を実現する方法を説明します。

Spire.Presentation for Java をインストールします

まず、Spire.Presentation for Java を Java プロジェクトに追加する必要があります。JAR ファイルは、このリンクからダウンロードできます。Maven を使用する場合は、次のコードをプロジェクトの pom.xml ファイルに追加する必要があります。

<repositories>
    <repository>
        <id>com.e-iceblue</id>
        <name>e-iceblue</name>
        <url>https://repo.e-iceblue.com/nexus/content/groups/public/</url>
    </repository>
</repositories>
<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>e-iceblue</groupId>
        <artifactId>spire.presentation</artifactId>
        <version>9.4.5</version>
    </dependency>
</dependencies>

ODP ファイルを PDF ファイルに変換

Spire.Presentation for Java を使用して ODP を PDF に変換するには、以下の手順に従って簡単かつ迅速に行うことができます。

  • Presentation オブジェクトを作成します。
  • Presentation.loadFromFile() メソッドを使用してサンプル ODP ドキュメントをロードします。
  • Presentation.saveToFile() メソッドを使用して、ドキュメントを PDF として保存します。
  • Java
import com.spire.presentation.*;

public class ODPtoPDF {
    public static void main(String[] args) throws Exception {

        // Presentationのインスタンスを作成する
        Presentation presentation = new Presentation();

        // サンプルのODPファイルをロードする
        presentation.loadFromFile("サンプル.odp", FileFormat.ODP);

        // PDFとして保存する
        presentation.saveToFile("output/ODPをPDFに変換.pdf", FileFormat.PDF);
    }
}

Java:ODP を PDF に変換する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 142 times