チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル».NET»Spire.Doc for .NET»文書操作»C#/VB.NET:Word ドキュメントで変更履歴を承諾・元に戻す方法
2023-05-09

C#/VB.NET:Word ドキュメントで変更履歴を承諾・元に戻す方法

MS Word の「変更履歴」は、人がドキュメントに加えた改訂、修正、変更、編集、さらには提案やコメントを追跡できます。変更履歴をオンにした状態で改訂されたドキュメントを受け取った場合、元の内容を維持するために変更を元に戻すか、または変更を承諾するかを決定することができます。この記事では、Spire.Doc for .NET を使用して、プログラム的に Word ドキュメントのすべての変更履歴を承諾または元に戻す方法について説明します。

Spire.Doc for .NET をインストールします

まず、Spire.Doc for .NET パッケージに含まれている DLL ファイルを .NET プロジェクトの参照として追加する必要があります。DLL ファイルは、このリンクからダウンロードするか、NuGet を介してインストールできます。

PM> Install-Package Spire.Doc

Word ドキュメントの変更履歴をすべて承諾する

Spire.Doc for .NET が提供する Document.AcceptChanges() メソッドを使用すると、Word ドキュメント内のすべての変更を承諾することができます。詳しい手順は以下の通りです。

  • Document のインスタンスを作成します。
  • Document.LoadFromFile() メソッドを使用して Word ドキュメントを読み込みます。
  • Document.AcceptChanges() メソッドを使用して、ドキュメントのすべての変更を承諾します。
  • Document.SaveToFile() メソッドを使用してドキュメントを保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Doc;

namespace AcceptTrackedChanges
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Documentのインスタンスを作成する
            Document doc = new Document();

            //Word ドキュメントを読み込む
            doc.LoadFromFile("C:/宇宙の視野.docx");

            //ドキュメントのすべての変更を承諾する
            doc.AcceptChanges();

            //ドキュメントを保存する
            doc.SaveToFile("変更履歴の承諾.docx", FileFormat.Docx);

        }
    }
}
Imports Spire.Doc

Namespace AcceptTrackedChanges
    Class Program
        Shared Sub Main(ByVal args() As String)
            'Documentのインスタンスを作成する
            Dim doc As Document = New Document()

            'Word ドキュメントを読み込む
            doc.LoadFromFile("C:/宇宙の視野.docx")

            'ドキュメントのすべての変更を承諾する
            doc.AcceptChanges()

            'ドキュメントを保存する
            doc.SaveToFile("変更履歴の承諾.docx", FileFormat.Docx)

        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Word ドキュメントで変更履歴を承諾・元に戻す方法

Word ドキュメントの変更履歴をすべて元に戻す

Spire.Doc for .NET は、Word ドキュメント内のすべての変更を元に戻すための Document.RejectChanges() メソッドも提供しています。詳しい手順は以下の通りです。

  • Document のインスタンスを作成します。
  • Document.LoadFromFile() メソッドを使用して Word ドキュメントを読み込みます。
  • Document.RejectChanges() メソッドを使用して、ドキュメントのすべての変更を元に戻します。
  • Document.SaveToFile() メソッドを使用してドキュメントを保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Doc;

namespace RejectTrackedChanges
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Documentのインスタンスを作成する
            Document doc = new Document();

            //Word ドキュメントを読み込む
            doc.LoadFromFile("C:/宇宙の視野.docx");

            //ドキュメントのすべての変更点を元に戻す
            doc.RejectChanges();

            //ドキュメントを保存する
            doc.SaveToFile("変更履歴を元に戻す.docx", FileFormat.Docx);

        }
    }
}
Imports Spire.Doc

Namespace RejectTrackedChanges
    Class Program
        Shared Sub Main(ByVal args() As String)
            'Documentのインスタンスを作成する
            Dim doc As Document = New Document()

            'Word ドキュメントを読み込む
            doc.LoadFromFile("C:/宇宙の視野.docx")

            'ドキュメントのすべての変更点を元に戻す
            doc.RejectChanges()

            'ドキュメントを保存する
            doc.SaveToFile("変更履歴を元に戻す.docx", FileFormat.Docx)

        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Word ドキュメントで変更履歴を承諾・元に戻す方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 559 times