チュートリアル

簡単にライブラリーを使用するためのチュートリアルコレクション

チュートリアル».NET»Spire.XLS for .NET»ワークシート»C#/VB.NET:Excel にシートを非表示と再表示する方法
2023-01-16

C#/VB.NET:Excel にシートを非表示と再表示する方法

場合によっては、他の人が特定のシートのデータを表示しないようにするために、ブック内の1つ以上のシートを非表示にすることができます。操作後、隠されたシートのデータは表示されなくなりますが、これらのデータを他のシートから引用することができます。データを再表示するには、シートの非表示設定を削除します。この記事では、Spire.XLS for .NET を使用して、C# および VB.NET でプログラムによって Excel にシートを非表示と再表示する方法を紹介します。

Spire.XLS for .NET をインストールします

まず、Spire.XLS for .NET パッケージに含まれている DLL ファイルを .NET プロジェクトの参照として追加する必要があります。DLL ファイルは、このリンクからダウンロードするか、NuGet を介してインストールできます。

PM> Install-Package Spire.XLS

C# と VB.NET で Excel にシートを非表示する

シートは非表示または非常に非表示に設定することができます。Excel の unhide コマンドを使用すると、シートの非表示設定を簡単に削除できます。しかし、シートが非常に非表示に設定されている場合は、Excel のユーザーインタフェースでシートを再表示することはできません。

Spire.XLS for.NET では、Worksheet.Visibility プロパティを WorksheetVisibility.Hidden または WorksheetVisibility.StrongHidden に設定することで、シートを非表示または非常に非表示に設定できます。ワークブックには少なくとも1つのワークシートが表示されている必要があることに注意してください。

以下に詳細な操作手順を示します:

  • Workbook クラスのインスタンスを初期化します。
  • Workbook.LoadFromFile() メソッドを使用して Excel ファイルをロードします。
  • Workbook.Worksheets[int] プロパティを使用して、インデックスで特定のシートを取得します。
  • Worksheet.Visibility プロパティを WorksheetVisibility.Hidden または WorksheetVisibility.StrongHidden に設定することで、シートを非表示または非常に非表示に設定します。
  • Workbook.SaveToFile() メソッドを使用して結果ファイルを保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Xls;

namespace HideWorksheetsInExcel
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Workbookクラスのインスタンスを初期化する
            Workbook workbook = new Workbook();
            //Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("Sample.xlsx");

            //最初のシートを取得する
            Worksheet sheet1 = workbook.Worksheets[0];

            //シートを非表示にする
            sheet1.Visibility = WorksheetVisibility.Hidden;

            // 2番目のシートを取得する
            Worksheet sheet2 = workbook.Worksheets[1];

            //シートを非常に非表示に設定する
            sheet2.Visibility = WorksheetVisibility.StrongHidden;

            //結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("HideWorksheets.xlsx", ExcelVersion.Version2013);
        }
    }
}
Imports Spire.Xls

Namespace HideWorksheetsInExcel
    Friend Class Program
        Private Shared Sub Main(ByVal args As String())
            'Workbookクラスのインスタンスを初期化する
            Dim workbook As Workbook = New Workbook()
            'Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("Sample.xlsx")

            '最初のシートを取得する
            Dim sheet1 As Worksheet = workbook.Worksheets(0)

            'シートを非表示にする
            sheet1.Visibility = WorksheetVisibility.Hidden

            '2番目のシートを取得する
            Dim sheet2 As Worksheet = workbook.Worksheets(1)

            'シートを非常に非表示に設定する
            sheet2.Visibility = WorksheetVisibility.StrongHidden

            '結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("HideWorksheets.xlsx", ExcelVersion.Version2013)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Excel にシートを非表示と再表示する方法

C# と VB.NET で Excel にシートを再表示する

Worksheet.Visibility プロパティを WorksheetVisibility.Visible に設定することで、非表示または非常に非表示のシートを再表示できます。以下に詳細な操作手順を示します:

  • Workbook クラスのインスタンスを初期化します。
  • Workbook.LoadFromFile() メソッドを使用して Excel ファイルをロードします。
  • Excel 内のすべてのシートをループします。
  • 非表示または非常に非表示のシートを検索し、Worksheet.Visibility プロパティを WorksheetVisibility.Visible に設定することでシートを再表示する。
  • Workbook.SaveToFile() メソッドを使用して結果ファイルを保存します。
  • C#
  • VB.NET
using Spire.Xls;

namespace ShowHiddenWorksheetsInExcel
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Workbookクラスのインスタンスを初期化する
            Workbook workbook = new Workbook();
            //Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("HideWorksheets.xlsx");

            //Excel内のすべてのシートをループする
            foreach (Worksheet sheet in workbook.Worksheets)
            {
                //非表示のシートを再表示する
                if (sheet.Visibility == WorksheetVisibility.Hidden)
                {
                    sheet.Visibility = WorksheetVisibility.Visible;
                }
                //非常に非表示のシートを再表示する
                else if (sheet.Visibility == WorksheetVisibility.StrongHidden)
                {
                    sheet.Visibility = WorksheetVisibility.Visible;
                }
            }

            //結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("ShowHiddenWorksheets.xlsx", ExcelVersion.Version2013);
        }
    }
}
Imports Spire.Xls

Namespace ShowHiddenWorksheetsInExcel
    Friend Class Program
        Private Shared Sub Main(ByVal args As String())
            'Workbookクラスのインスタンスを初期化する
            Dim workbook As Workbook = New Workbook()
            'Excelファイルをロードする
            workbook.LoadFromFile("HideWorksheets.xlsx")

            'Excel内のすべてのシートをループする
            For Each sheet As Worksheet In workbook.Worksheets
                '非表示のシートを再表示する
                If sheet.Visibility Is WorksheetVisibility.Hidden Then
                    sheet.Visibility = WorksheetVisibility.Visible
                    '非常に非表示のシートを再表示する
                ElseIf sheet.Visibility Is WorksheetVisibility.StrongHidden Then
                    sheet.Visibility = WorksheetVisibility.Visible
                End If
            Next

            '結果ファイルを保存する
            workbook.SaveToFile("ShowHiddenWorksheets.xlsx", ExcelVersion.Version2013)
        End Sub
    End Class
End Namespace

C#/VB.NET:Excel にシートを非表示と再表示する方法

一時ライセンスを申請する

結果ドキュメントから評価メッセージを削除したい場合、または機能制限を取り除く場合は、についてこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお問い合わせ、30 日間有効な一時ライセンスを取得してください。

Read 1070 times